薄型PCへのこだわり

ノートパソコンは、誕生したときから薄さへの挑戦が続けられてきました。

そして、その挑戦は1センチにも満たないほど薄くなった現在においても続けられています。

ノートパソコンにとって、薄型へのこだわりはなによりも優先するべきことなのです。

しかし、ノートパソコンを設計するメーカーは薄さを追求する限界に気付き始めています。

その理由は、ノートパソコンを機能させるために搭載しなければならない部品を捨てることができないからです。

まず挙げられるのはバッテリーです。

持ち運びができるパソコンとして生まれたノートパソコンは、コンセントから電源を取ることができません。

そのため、動作させるためには必ずバッテリーを搭載しなければならないのです。

しかし、高性能になればなるほど消費電力は増え、サイズそのものが大きい大容量のバッテリーを搭載せざるを得ません。

バッテリーのサイズが、パソコン本体の薄さを制限してしまっているのです。

また、USB端子やイヤホンジャックなど規格が定められている端子を搭載することも薄型を追求する限界になっています。

各種端子がなければパソコンとしての利便性が大きく劣ることになり、ユーザーに使ってもらえません。

しかし、端子を搭載するということは端子そのものの大きさ以上に本体を薄くすることはできず、さらに内部基板も薄さへの挑戦を妨げる原因になってしまうのです。

また、ノートパソコンはバッグの中に入れて自由に持ち運ぶことができる点が大きなメリットとしてあげられます。

しかし、薄型であればあるほど圧力に弱い構造になり、満員電車の中で押しつぶされ故障してしまいます。

圧力に対して強くするためには筐体の素材そのものを変える必要がありますが、薄さを維持したまま圧力に耐えうる素材は原材料が高いためコストが上昇してしまい、さらに持ち運ぶために大切な重量も増してしまうのです。

メーカー各社はノートパソコンの薄型化にこだわりを持って設計を続けてきましたが、限界に達していると言えます。

メニュー